祇園祭 山鉾巡行の日程?コースと見所は?良く見える場所はどこ?

祇園祭

夏の京都と言えば、日本三大祭の一つ祇園祭が有名です

その祇園祭のクライマックスに行われる、山鉾山鉾巡行の
日程とおすすめの見物場所を紹介します。

スポンサードリンク

祇園祭 山鉾巡行の日程は?

京都祇園祭は、毎年7月1日~7月31日の一か月間行われます。

場所は、八坂神社や、その周辺です。

山鉾巡行は

7月17日前祭(さきまつり)

7月24日後祭(あとまつり)

2014年の山鉾巡行の様子です。

祇園祭 山鉾巡行 コースと見所は?

7月17日 前祭
四条烏丸 (午前9時00分) →河原町四条(9:40) → 河原町御池 (10:35) → 新町御池(11:25)

7月24日 後祭り
烏丸御池 (午前9時30分) →河原町御池(10:05) → 四条河原町(10:40) → 四条烏丸 (11:22)

前祭と後祭では、コースが逆回りになります。

スポンサードリンク

見どころ

山鉾巡行の最大の見どころは、10時15分ごろの河原町御池~11時25分ごろの新町御池での左に90°回る辻回しです約12トンに達する山鉾を、掛け声とともに曳き手達が一斉に左手に鉾を引っ張り、ゴロゴロという大きな音と竹の軋む音と共に鉾が動き、繰り返し鉾を引くと見事に回ります。

無事に最終地点に着くと、町内に戻り山鉾は解体されます。

祇園祭 山鉾巡行が良く見える場所

おすすめのスポットは、やはり辻回しの見れる場所
でになります。

それは四条河原町の交差点ですが、大混雑します。

他は、河原町御池、新町御池の交差点になりますが、
やはり、混雑します。

朝早くから、場所取りをしてる方もいますので、その辺は、
覚悟してください。

確実に見たいのなら有料席の購入をおすすめします。

あると便利な道具
双眼鏡、折り畳みの椅子などは重宝します。

まとめ

祇園祭に行くなら、山鉾巡行が行われる日を
絶対おすすめします。

一生に一度は、ぜひ見に行ってくださいね。

スポンサードリンク

コメント