バーベキュー食材15人分の分量は?おすすめと変わり種は?

レジャー

夏は、海に行く機会が増えると思いますが、
かかせないのがバーベキューです。

私も毎年、海に行きバーベキューをやります。

しかし、人数が多い場合は、普段は家庭でしか
料理されてない方は、食材の分量に悩みますよね?

今日は、大人15人程度でバーベキューをやる時の
食材の分量やおすすめ、変わり種の食材を紹介しますね。

スポンサードリンク

バーベキュー食材15人分の分量は?

牛肉 一人 300~500g

※豚肉とか鶏肉は、よく焼かなくてはならないのでおすすめは、しません。
 

ビールは一人 330缶3~4本

※キリがないので、本数を決めておきましょう。

他の飲み物

ジュース1.5L 3~4本
お茶1.5L 3~4本
水1.5L 5本

※紙コップに、マジックで自分の名前や目印を付けて置くと便利です。

焼きそば 10袋

・焼きそばは、キャベツを入れる事で量を
 増やせます。
 
・余った肉やフランクフルトは、焼きそばの具になります。

・バーベキューの焼きそばの場合は、液体より粉末ソースがおすすめです。

 液体と違って、よく混ざり、余計な水分を吸ってくれます。

フランクフルト 一人2本

※海のバーベキューの場合は、持ちやすい棒のついた
フランクフルトがおすすめです。

野菜

キャベツ 2個

玉ねぎ 3個

ピーマン 1袋

野菜は人気がないのでこれくらいです。

※あらかじめ自宅で切っておきましょう

スポンサードリンク

バーベキューの予算は?

上記の食材で1人2000円程度です。

※しかし、女性や運転手は半額など
場合により調整します。

バーベキュー 食材 おすすめは?

定番の食材の他に人気のあった食材を紹介します。

焼き餃子

10人前ほど、近所の食堂から調達しました。

そのまま食べるのではなく

さらに、鉄板で焼くと皮が香ばしくなって
美味しくいただけます。

味付けは、フランクフルト用のケチャップのみです。

エビ

軽く塩を振って網で焼けば美味しく召し上がれます。

※事前に背ワタを取るなど
 下処理をします。

骨付き肉

テレビや漫画でお馴染みの、あの肉までは、
いきませんが…

肉は骨の近くが美味いです。

とうもろこし

焼きとうもろこしにします。

※醤油は刷けなどで塗ると上手く全体にいきわたります。

バーベキュー 食材 変わり種は?

最後に差し入れされた変わり種な食材を紹介しますね。

岩牡蠣

文字通り、岩のようなゴツイ牡蠣です。

上の殻をむいて火にかけて醤油をかけて食べます。

※牡蠣は殻をむくのにコツがあり、慣れないと難しいですね。

カツオ

カツオを一匹捌いて、刺身にしました。

夏の炎天下ですので、早く食べないと傷みます。

おすすめしない食材です。

にんにく

にんにくを丸ごと、アルミホイルの中で蒸し焼きにします。

芋のようにホクホクして美味しいです。

バーベキューコンロの手入れの仕方

まとめ

真夏ですので、食材の鮮度には、じゅうぶんに
気を付けてくださいね。

食べおわったあとの後片付けをして、
ルール、マナーは守ってくださいね。

スポンサードリンク

コメント