月見団子の意味は?積み方や乗せる台は?

お月見と言えば、月見団子ですが、

なぜ、団子なのか不思議に思ったことは、
ありませんか?

今日は、月見団子の意味と
飾り方や乗せる台についての
お話です。

スポンサードリンク

月見団子の意味は?

そもそも、なんで団子を飾るのでしょうか?

今から約1200年前の平安時代から、お月見は行われるようになったと言われています。

現在の太陽暦が導入される前は、日常生活の基準がほとんど月に由来していました。

月こそが、毎日の生活を左右する神的な存在であったのです。

その意味でお月見は、お正月、お盆と並ぶ三大祭事の一つでした。

十五夜には、月に感謝の意味を込めて、月に見立てた団子を15個供えて、
お祝いをしました。

しかし、お団子を供えるという風習は、平安時代には行われておらず、

江戸時代になってからは、秋の収穫を感謝する祭事が合わさり
一般に広まり、今のお月見が形成されていきました。

中国では月餅を供えます。

月にまつわる、昔話が多いのもうなづけますね

※かぐや姫、月にいったうさぎの話など

ちなみに、花見は、そういった意味はないようですね…

月見団子の積み方は?

十五夜はお団子15個お供えするのが普通です。

スポンサードリンク

1番下3・3・2で8個です。

2段目2・2で4個です。

3段目で2個です。

最後天辺に1個で完成です。

ピラミッドになるように積んでいきます。

月見団子を乗せる台は?

乗せる台の名称は三方といいます。

三つの方角に穴が開いてるので三方です。

四つ穴があいたものが四方(しほう)です。

これらは、日本古来の神具(しんぐ)で本来は神社や皇室にあるものです。

しかし、今はネットの通販で簡単に手に入りますね。

三方の代りは?

もしも三方がなかったら、家庭の皿でも大丈夫です。

その場合は、白い紙を皿に敷きます。

半紙などの四隅の角を垂らすように敷きましょう。

置く場所は?

お月様が見える所か床の間に供えます。

すすきなどを一緒に飾っても
いいですね。

その場合は

お月様から見て
左にすすき 右に団子です。

月見団子の作り方はこちらです
https://seikatsu-ura.com/626.html

まとめ

いつも見ているお月様ですが

この日は、感謝をこめて見ましょう

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする