月見団子の作り方だんご粉 白玉粉との違いは?いつ食べる? 

十五夜にはかかせない月見団子

ご家庭で作られる方もおおいでしょうし
今年は、月見団子を作って見よう!
と、思っている方もいると思います。

しかし、ここで悩むのが団子の材料となる粉ですね。

今日は、簡単に月見団子を作れる、だんご粉を
使ったレシピと、いつ食べるのか?

と言った悩みを解決していきましょう。

スポンサードリンク

月見団子の作り方 だんご粉レシピ

市販のだんご粉と水だけで簡単に、
月見団子を作ることができます。

材料

だんご粉 250g

水 200cc

砂糖 少々

作り方

1、だんご粉250gをボウルにあけ
 水と砂糖少々加える

2、だんごが耳たぶ位の柔らかくなるまで
 よくこねる。

3、鍋に水をいれて沸騰させる

4、沸騰したら、だんごを丸めて茹でる(4.5cmに丸めると幸福になると言われています)

5、2.3分で、だんごが浮いてくるので、すくい冷水で冷やせば完成です。

6、皿に盛り付けましょう

スポンサードリンク

月見団子の盛り付けや飾り付けのやり方は下の記事を
参考にしてくださいね。
https://seikatsu-ura.com/621.html

月見団子の作り方 白玉粉等との違いは?

団子の材料となる粉には、いくつかの種類があります

白玉粉

白玉粉は、もち米を原料としていまして、
茹でても柔らかく弾力がある食感です。

しかし、柔らかいので、積みづらく
月見団子には、向いていないと思います。

主に、白玉だんごや、ぜんざいなどに使われますが
柔らかいイメージがありますね?

だんご粉

うるち米ともち米をブレンドして作くりました。

うるち米の分、白玉粉よりコシのある
だんごを作ることができます。

柔らかすぎないので、文字通りだんご作りに適した粉です。

その他に、業務用のだんごや和菓子の原料として使われる
上新粉があります。

一般的には、だんご粉か上新粉を使って月見団子を作ることが
多いですね。

月見団子いつ食べる?

せっかく作った月見団子ですが、
十五夜の月を眺めながら食べてください。

※あんこや、きな粉をつけて食べるといいですね。

まとめ

今年の十五夜は、ぜひ手作りの月見団子を
供えてお月見しては、いかがですか?

私は、財布をフリフりする予定です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする