クリスマスにチキンを食べる理由は?部位の名前とランキング

クリスマス

クリスマスに食べる定番と言えば
フライドチキンですね。

しかし、なんでクリスマスにフライドチキンを食べるのか?
また、意外と知られていない、いつも食べる部位の名前と
人気のランキングを紹介しますね。

スポンサードリンク

クリスマスにチキンを食べる理由は?

クリスマスにフライドチキン食べるのを広めたのは
ケンタッキーです。

もともと欧米では、クリスマスには七面鳥やローストビーフなどを
食べていてた。

その風習が日本に渡ったが、日本では七面鳥は手に入りにくく、
鶏を丸ごと焼ける設備がある家庭は、ほとんどなかった。

1970年代にオープンしたケンタッキーだが
当時の日本には、鳥を手づかみで食べるのには
抵抗があり、中々流行らなかった。

しかし、あるお客様の来店がきっかけで一気にブレイクした。

それは、日本に住む外国人の方が来店し

「七面鳥が手に入らないのでケンタッキーのチキンでクリスマスを祝いたい」

この一言にヒントを得た、広告担当が

「クリスマスにはフライトドチキンを食べよう」を広くピーアールしました。

七面鳥は、高価で手に入りにくかったので、ケンタッキーのような
手頃なチキンが日本では受けたのでしょう。

スポンサードリンク

これが「クリスマスはチキンを食べる」と言う風習ができた理由です。

土用の丑の日は、ウナギを食べように似ていますね…

クリスマスチキンの部位の名前

ケンタッキーのオリジナルチキンの部位だと5種類あります。

胸 キール

手羽 ウイング

リブ あばら

サイ 腰

ドラム 脚

それぞれ、肉の量や脂身が違います。

コンビニやスーパーで見かける部位は、ドラム(脚)やウイング(手羽)が
多いのではないでしょうか?

ちなみに、ケンタッキーでは原則として部位の指定は
できませんと言う事です。

運次第ですね…

食べたくなる動画

クリスマスチキンの人気ランキング

最後に、フライドチキンの部位をベスト3を勝手にランキングしてみました。

1位 サイ(腰)です。

三角形で、肉の量も多く、味も濃くとっても美味しいです。

2位 ウイング(手羽)

鶏が一番使う羽の部分、筋肉が発達していて美味しいと言うが
量が少ないです。

3位 ドラム(脚)

チキンと言えば脚ですね。

食べやすく肉の量もふつう

子供に人気の部位です。

まとめ

クリスマスは、手頃なフライドチキンで楽しみましょう!

当日は、大変混雑するので、チキンの予約は、お早目に

スポンサードリンク

コメント