カブトムシやクワガタの寿命は?最長はどのくらい?

夏休み

夏といえば昆虫採集!

山に行って昆虫を捕まえた経験は
誰にでもあるのではないでしょうか?

中でも、カブトムシやクワガタは
男の子に人気です。

しかし、いざ捕まえて家で飼っても
すぐに弱ってしまいますよね?

そんな、カブトムシやクワガタの寿命や
最長記録を紹介しますね。

スポンサードリンク

カブトムシの寿命は?

カブトムシは冬眠しないので
夏が終われば死んでしまいます。

これは、買い方が悪いとの問題ではなく
寿命だからしかたないのです。

しかし、温かい環境を維持して栄養のある餌を与えれば、
10月くらいまで生きる場合もありますが

メスは、交尾をして卵を産むとすぐ死んでしまいます。

交尾をしなければ、オスと同じくらい生きるでしょう。

※夏は暑いからといって冷房の効いた部屋で飼うと
寒くて長生きしません。

また餌もタンパク質が多く含む物が良くて
バナナがおすすめです。

ちなみに、私の家では夏にスイカを良く食べるので
食べるついでにカブトムシの餌にスイカを与えていましたが
スイカはカブトムシにとって栄養価がなく下痢をするのでNGでした。

バナナの他、栄養価が高い昆虫ゼリーもおすすめですよ

クワガタの寿命は?

クワガタは、カブトムシと違い冬を越すこと(冬眠)が
できます。

クワガタの種類にもよりますが
黒いダイヤと呼ばれるオオクワガタは
木の中3~4年生きるといわれています。

しかし、子供に人気のあるノコギリクワガタや
ミヤマクワガタは、孵化してから2~3年は生きます。

しかし、成虫になると2か月ほどで死んでしまいます。

カブトムシと同じひと夏の寿命ですね。

スポンサードリンク

カブトムシの寿命の最長は?

日本のカブトムシですと、クリスマスまで
生きていたという話があります。

しかし、平均でみると10~11月が寿命です。

長生きの秘訣は、交尾をせず
昆虫ゼリーを与えることですね。

ちなみに外国のカブトムシは長生きです。

世界最大のカブトムシ

ヘラクレスオオカブトは成虫になって1年から1年半くらいは
生きるといれています。

日本には、四季があるので冬をこせないカブトムシは
幼虫の時に冬眠して冬を越します。

まとめ

カブトムシやノコギリクワガタの壽命は
ひと夏で終わります。

長生きさせるには、交尾をさせず暖かい温度を保って
栄養価の高い昆虫ゼリーなどの餌を与える。

もっとも長生きなカブトムシはヘラクレスオオカブトです。

スポンサードリンク

コメント