日本の旅館でチップは必要?相場や渡すタイミング

夏休みは、家族で国内旅行!

海や山へと泊まりの旅行を楽しみます。

しかし、悩むのが仲居さんへのチップです。

海外旅行となると、チップは、つきものですが

国内旅行だとチップは必要か悩みますよね?

今日は、そんな疑問を解決していきましょう

スポンサードリンク

日本の旅館ではチップは必要か?

答えから、申し上げますと不要です。

必ずしも、必要ではありません。

チップは、あくまでもお旅館で世話になるというお礼の

「気持ちです」

チップの風習がない日本では、旅館の宿泊料金に最初からサービス料金が含まれています。

ので、仲居さんなどへのチップは、基本的には不要となります。

また、ホテル・旅館によっては、お客様に気を使わせないように
初めからチップお断りのところも増えてきています。

しかし、例外があります。

自分や家族、友人などのわがままを旅館に聞いてもらいたい、
迷惑をかけた、そんな時は、「心づけ」として渡してもいいですね。

例えば

・予約した部屋が、気に入らなく、無理を言って変えてもらった

・料理のメニューを無理に変えてもらった。

・料理が凄く美味しかった

・子供が部屋の物を壊したり、障子を破いた

・足の不自由な母親が、とても世話になった

一例ですが、仲居さんや板長に渡すのがいいですね。

スポンサードリンク

旅館のチップの相場は?

基本的には、宿泊費の10%と言われています。

1000~3000円を目安にしてくださいね。

入れ物は

ポチ袋にいれるか

ティッシュに包んでお渡しします。

ちなみに、可愛いポチ袋だと、喜ばれますよ!

私としては、チップを渡すより、その旅館で食べたり飲んだり
ガンガンお金を使った方がいいような気もしますね。

旅館のチップを渡すタイミング

部屋について、一息ついたら仲居さんに渡す。

このようなパターンが一般的に多いようです。

しかし、「チップをもらったからサービスが良くなる旅館は一流ではない。」と
言う意見も聞きます。

私の場合は、わがままを聞いてもらったら
旅館のチェックアウト前に渡します。

そのほか、料理が凄く美味しかったら、板長を呼んで
渡してもいいですね。

まとめ

・日本の旅館では、チップは不要

・わがままを聞いてもらったら、帰り際に渡そう

・チップより、ガンガンお金を使った方が喜ばれる場合もある

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする