横浜開港祭 花火 2015日程は?有料席の詳細は?デートの穴場は?

横浜開港祭は、港が開港した記念に
毎年6月2日前後に行われます。

その中でも、クライマックスに打ち上げられる花火は、毎年たくさんの人が
訪れます。

そんな横浜開港祭 花火のデートに最適な穴場を紹介します。

スポンサードリンク

横浜開港祭 花火 2015日程は?

2015年6月2日(火)

時間 20:20~20:50 雨天決行。荒天の場合は未定

打上数 約6,000発

問い合わせ

横浜開港祭実行委員会
http://www.kaikosai.com/

045-212-5511

会場

みなとみらい駅から徒歩5分

見どころ

横浜開港祭の花火はビームスペクタルinハーバーとも呼ばれ
音楽と証明・レーザーによるコラボが楽しめます。

2014年の様子

横浜開港祭 花火の有料席は?

こちらの花火大会では、ゆっくりと観覧できるように
有料観覧席を設けています。

販売が開始しだいこちらでお知らせします。

問い合わせ
チケットぴあ

スポンサードリンク

ちなみに2014年の値段です。
メイン会場ペア席 9000円2名分 エアクッション付き

国立大ホール前会場ペア席 6000円2名分

国立大ホール前会場席 15000円2名~5名

国立大ホール前会場席 18000円2名~6名分

参考までに

横浜開港祭 花火 デートの穴場

ちょっと離れていても、デートをしながら花火を見たい

そんなカップルの為に穴場スポットを紹介します。

山下公園

大桟橋

中区新山下の貯木場

この辺のスポットが穴場だと言われています。

重要山下公園では、木の陰で花火が見えにくい場所も
あるので場所取りに注意です。

まとめ

横浜開港祭の花火は、別名花火はビームスペクタルinハーバーと呼ばれ
普通の花火とは、また違った迫力のある花火です。

ぜひ一度、足を運んで体感してみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする