母の日に贈るカーネーションの由来 色で変わる花言葉の意味とは?

母の日に贈るカーネーション、もう定番となってますが、
なぜ母の日にカーネーションを贈るのでしょうか?

また、カーネーションは、色によって花言葉の意味が変わるので、
覚えておきましょう。

スポンサードリンク

カーネーションを贈る由来

母の日にカーネーションを贈る由来は、様々な説があります。

キリスト教では、カーネーションは母が落とした涙のあとに、生える花だと
いわれ、母の愛情を表すものだと考えられてます。

アメリカでは、母親のいる子は、赤いカーネーションを母親を亡くした子は、白のカーネーションを
胸に飾るようになりました。

その後の大統領が五月の第二日曜日を母の日と制定
しました。

その習慣が日本に伝わり、母の日にカーネーションを胸に飾る習慣がいつのまにか、
カーネーションを母に贈る習慣に変わってのです。

カーネーションの色

カーネーションは赤と白が定番とされていますが、実は他にもあります。

黄色、ピンク、オレンジ、紫

最近では、遺伝子組み換えなどで作られた青いカーネーションもあります。

重要しかし、色が綺麗だからと言って、好みで選んで
贈っては、いけません。

 カーネーションは色によって花言葉が違います 

これを間違えると、大変なことになりますから…

スポンサードリンク

カーネーションの花言葉

花言葉は、良い意味ばかりでは、ありません。

時には、相手の機嫌を損ねる意味もありますので、
花言葉の意味を覚えておきましょう。

赤いカーネーション

・母の愛
・熱烈な愛

濃い赤のカーネーション

・欲望

・私の心に哀しみを

黄色のカーネーション

・軽蔑

・嫉妬

ピンクのカーネーション

・感謝

・上品・気品

オレンジ色のカーネーション

・純粋な愛

白いカーネーション

・尊敬

・純潔の愛

白は、亡くなった母へ贈るものといわれています。

紫色のカーネーション

・誇り

青いカーネーション

・永遠の幸福

まとめ

カーネーションも色によって、様々な意味の花言葉があります。

母親が好みの色のカーネーションを贈るのもいいのですが、
不快感を与えるだろうといわれる意味の

 白や黄色、濃い赤のカーネーションは、贈らない方がよいですね。 
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする