厄年 女性の年齢は?結婚や出産しても大丈夫?

雑学

厄年とは?病気や災いになりやすいと、
言われている年齢です。

厄年を迎える女性の結婚や出産について知っておいては、
いかがですか?

スポンサードリンク

厄年 女性の年齢は?

厄年は数えで

19歳・33歳・37歳・61歳です。

これらの年齢が本厄です。

本厄より前を前厄、後を後厄と言います。

厄年を迎えると。神社で厄払いをしますが、
なんの根拠もありません。

2015年厄年の方は 

平成9年生まれ 満19歳

昭和59年生まれ 満33歳

昭和54年生まれ 満37歳

1955年生まれ 満61歳

厄年 女性の結婚は?

結婚は、女性にとっても重大イベントのひとつです。

厄年の結婚しても慎重に選びたいところですね。

しかし、厄年の災いについては、なんの根拠もないですし、
結婚をすれば逆に厄が落ちるとも言われていますので

結婚について、問題ありません。

厄年の女性の出産は?

 

厄年に子供を産むと厄落としになる、と言われていますが、
厄落としになるのは男の子です。

スポンサードリンク

理由は、厄に立つ男(役に立つ男)と言う意味ですが…

女の子が生まれた時

もしも、厄年に女の子が生まれたら、捨て子の儀式を行います。

捨て子といっても、本当に捨てるわけでは、ありません
あくまでも、捨てたフリです。

捨て子の儀式やり方

・まず、赤ちゃんを籠にいれ、外に捨てます(この時、振り返ってはダメ)

・あらかじめ、頼んでおいた拾い親に拾ってもらう。

・広い親の家で一晩過ごしたら、次の日母親に戻して終了

地方によって、若干やり方は違いますが、このような風習がありました。

まとめ

厄年の女性は、神社で厄払いをしてもらう。

厄年の結婚・出産について、問題はない。

もしも、気になるなら捨て子の儀式を行う。

厄年については、なんの根拠もない話です。

どう、過ごすかはあなた次第で良いのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

コメント