お中元の時期とマナーは?関西は違うの?贈り先が喪中だった場合は?

夏になると贈るお中元

地域によって時期が違うのは、知っていました?

そんな、お中元の贈る時期やマナーについて知っておきましょう。

スポンサードリンク

お中元の時期とマナー

7月初め~15日頃までに贈るのが時期でしたが、
最近は、6月から贈る人も増えてきています。

しかし、7月15日を過ぎると暑中見舞い

8月7日頃~9月の頭までは残暑見舞い

となります。

重要お中元の時期は、地域によってことなります。

詳しくは、次の章でお伝えします。

誰に贈るの?

・いつもお世話になっている方
・上司
・兄弟・親戚
・夫婦の場合は、お互いの両親
 などです。

お中元の時期とマナー関西は?

お中元の贈り先が、関西の場合は時期が変わります。

スポンサードリンク

関西場合は7月15日~8月15日までに贈ります。

しかし、関西でも贈る時期は例年早なってきています。

関東は新暦
関西は旧暦

で行っているので、お間違えないようにしましょう。

お中元のマナー 送り先が喪中の場合

お中元とは、挨拶であり、お祝いではありませんので

相手が喪中でも、贈る側が喪中でも贈っても問題ありません。

しかし、四十九日が終わってなかったら、お中元は控えた方がよろしいかと思います。

時期をづらして、違う形(残暑見舞、お歳暮など)贈れば大丈夫です。

まとめ

お中元の時期は、関東と関西では違うので注意してくださいね。

しかし、お中元のギフトってハムとか多いですよね?
今度レシピなんかも考えて見ます。

お楽しみに!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする