お中元の意味、由来は?ハムの美味しい食べ方と賞味期限は?

毎年、夏になると贈られてくるお中元

しかし、ハムが多くないですか?

今日は、そんな、お中元ハムの美味しい食べ方を
紹介します。

スポンサードリンク

お中元の意味と由来は?

毎年贈られてくる、お中元ハムの料理法にお悩みの方も
多いのではないでしょうか?

なんでハムなの?と悩む前に

そもそもお中元って何よ?
と思いますよね。

お中元は、元々中国からの由来で

上元の1月15日

中元の7月15日

下元の10月15日

それぞれの15日の季節の変わり目に先祖供養を
する風習がありました。

この中の中元が、日本のお盆の時期と重なり、
しだいに混同されていきました。

江戸時代になると、お中元時期には、お世話になった人への
贈り物をする習慣が生まれ、お中元と呼ばれるようになったと
いれています。

ようするに、中元の時期に、お世話になった人等に
贈り物をする習慣が、お中元と呼ばれるようになったのです。

お中元ハムの美味しい食べ方は?

お中元にもらったハムは、どう料理する?
美味しい食べ方は?

こんな、相談が多かったので、
本場の料理人のアイディアをシェアしますね

簡単な料理としましては

ハムエッグ
ハムカツ
ハムサンド
チャーハン
ハムのマリネ
ハムのグラタン
ハムステーキ

などがあります。

しかし、こういったメニューは、お中元のハムではなくても、
普通のハムでも作れる料理ですね。

スポンサードリンク

お中元に、ちょっと高級なハムをもらった場合は、
ハムステーキにしてみては、
どうでしょうか?

いつもより厚く切った贅沢なハムステーキは絶品ですよ!

作り方も簡単です。

1、ハムを入れ物から出し、2cmくらいの暑さに切る。

2、フライパンに軽く油をひき、ハムを中火で炒める

3、軽く焦げ目がつくまで両面を焼けば完成

粒マスタード、わさび醤油、ステーキソースなど
お好みに味を付けてお召し上がりくださいね。

※ハムは焼くと縮むので、多少厚くてもOKですよ!

こちらも参考にどうぞ!

お中元ハムの賞味期限は?

だいたいのハムは真空パックで保存されていますので
長持ちします。

冷蔵庫で約25日

冷凍庫で約1年

ですが、賞味期限とは、美味しく召し上がれる期限であって
多少過ぎても、食べられないと言う事ではありません。

が、美味しく召し上がるためにも期限内に食べてしまいましょうね。

ハムは、賞味期限が長いことが、お中元・お歳暮に選ばれる
理由でもあります。

しかし、一度開封してしまえば、日持ちしなくなりますので、

お早めに食べてください。

食べきれなかったら?

ラップなどで包んで冷蔵庫に保存して
くださいね。

味や品質が落ちる冷凍保存は、
おすすめできません。

まとめ

もらったお中元ハムは、お早めに召し上がって
くださいね。

ハムは、薄切りとも言いますが、私は厚いハムが好きです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする