厄年とは?どんな意味?お祓いに行かない人の場合

厄年って、一生のうちに何回かありますよね?

厄年をむかえると災害とか身の回りに良くないことが起きるで
お祓いをすると、言われています。

しかし、今日は厄年に何もしなかった40代男性の話です。

果たして彼の身に何か起こったのでしょうか?

スポンサードリンク

厄年とは?

災害とか不幸とか起りやすいと言われている年齢です。

男性だと4歳・13歳・25歳・42歳・61歳です

この中でも42歳は大厄と呼ばれ
前後の41歳・43歳も含んで良くないことが起こる年だと
言われています。

なんで42歳が大役なの?

これは昔の人が考えた語呂合わせです。

42歳 死に…

ちなみに女性は33歳が大厄で
33歳 散々…

厄年の意味は?

厄年とは本来、平安時代の陰陽道の考え方です。

このころの平均寿命は50~60歳ぐらいと短く男は40歳を過ぎれば
身体を壊したり、なんらかの病を患っていました。

統計的に見ると、42歳前後が最も病気などで
亡くなる人が多い年齢だったのかなと私は思いますよ。

スポンサードリンク

厄年にお祓いに行かない人の場合

厄年にお祓いをして、厄を落さないと不幸が起きる

そんな話は迷信でなんの根拠もない話です。

お祓いに行く行かないは本人の自由です。

ちなみに私は、厄年には何もしませんでしたし

私の身には何もおこらなかったです。

しかし、父親が大病を患い手術をしました。

命にかかわりは、しませんでしたが
それは大手術でした。

聞くところによると、私の父も厄年は何もしなかったそうでが

その年、私は車にはねられました…

さいわい大したことはなく、次の日学校に行きました…

これは、偶然だと私は思います。

まとめ

厄年のお祓いは、何の根拠もない話です。

しかし、体の節目でもあるため
身も心も引き締めて厄年を過ごしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする