熱中症予防 中学生の場合は?飲料水の作り方は?塩分は?

夏になり暑くなると、怖いのが熱中症
毎年、何人もの方が熱中症にかかっています。

得に心配なのが、中学生の部活動です。

運動部などは、あの炎天下ので活動するわけですから
親御さんも心配ではないでしょうか?

今日は、中学生の熱中症予防対策を紹介します。

スポンサードリンク

熱中症予防 中学生の場合は?

中学生の場合は、つい無理をしてしまい、
熱中症になってしまうケースが多いです。

また、運動部ですと、先輩に気を使い、喉が渇いても
我慢をしてしまうケースもあります。

喉が渇く前に、マメに水分は補給しましょう。

喉が渇いてからでは、体が軽い脱水症状
おこしています。

おすすめは、市販のスポーツドリンクです

とても体に吸収しやすく出来ていますから。

よく、市販のスポーツドリンクは糖分が多いので、水で割って飲む
なんて、話を聞きますが、気になる方は、水二対一で割って飲んで
くださいね。

私も中学時代は、運動部でしたが、毎日スポーツドリンク1リットルぐらい
飲んでましたけど…

牛乳

牛乳の成分が、熱中症予防にいいと最近の研究でわかっています。

運動後に飲むと効果的です。

睡眠不足に注意しましょう

スポンサードリンク

睡眠不足・寝不足だと熱中症になりやすいと言われています。

よく寝て睡眠とって、ちゃんとご飯を食べて栄養は、しっかり摂ってくださいね。

熱中症予防の飲料水の作り方

水分補給にスポーツドリンクがいいと言っても、
毎日飲んでいたら、コストもバカになりません。

そんな時は経口補水液を作って飲みます。

経口補水液とは、スポーツなどで大量の汗をかいた後、水分・ミネラル分補給のためや
脱水症状予防のために飲む飲み物です。

作り方は簡単です。

水:1リットル(ミネラルウォーター)

塩:小さじ2分の1

砂糖:大さじ4と小さじ1

これを混ぜれば完成です。

マメに飲み続ければ熱中症予防になると言われています。

熱中症予防に塩分は必要なの?

別に水だけ飲んでればいいじゃん?

なんて相談を受けましたが

答えは、水だけでは、ダメですね

人は汗を掻くことで、塩分が失われていきます。

水には、塩分は入っていませんからね。

水を飲む場合は、ひとつまみの塩をいれてくださいね。

ちなみに、お茶やコーヒーは利尿作用があるので
おすすめしません。

まとめ

水分補給は、マメに行いましょう

また、なるべく帽子をかぶり、木陰で休息しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする