新米の美味しい炊き方と食べ方!時期はいつまで?

秋になると収穫される新米

新米って美味しいですよね

しかし、上手く炊けなかったりしますね

今日は、新米を美味しく炊くコツやおいしい食べ方を
を紹介しますね。

スポンサードリンク

新米を美味しい炊き方は?

新米の水加減

新米は、収穫されたばかりですので
普通の米より水分を多く含んでいます。

炊く時の水加減を減らすのがポイントです。

しかし、減らしすぎてもだめです。

昔と違い、最近の新米は出荷前に乾燥させますので

減らす水の量も、炊飯器のメモリ一つくらいで良いと
思います。

ポイント

・一番最初の研ぎ水は、汚れていて
 米にすぐに吸収されるので、すぐに捨てる

・米は研ぎ過ぎないこと、洗うと言うより水を吸わせる感じで3回程度で良い

・30分程度おいて浸水させてから炊飯器のスイッチを押す

・水をこだわるなら、米の獲れた産地の水を使います
 たとえば新潟の産地なら、そこの水とかですね

・炊けたら15分ほど蒸らす。
 この時、絶対にフタは開けないでください。

 赤子が泣いてもフタ取るな

 と言いますからね。

・そして炊きたてを食べる。

新米の美味しい食べ方は?

新米の一番美味しい食べ方はなんでしょうか?

それは、塩むすびにするです

味付けも塩のみです。新米の甘さと味がよくわかります。

さらに塩もちょっと高価なものをチョイスすると
一段と美味しくいただけます。

もうひとつは、卵かけご飯です。

新米に卵と醤油で味付けするだけですが
ちょっと高価な卵をチョイスするのも
おすすめです。

ちなみに、新米で炒飯とかの炒めものは、ベチャベチャになる
可能性があるのでオススメしません。

パラパラ感を出すなら古米がオススメですね。

スポンサードリンク

新米の時期はいつまで?

関東だと9月には、収穫されます。

米に新米のマークが付くので、
すぐにわかります。

販売されるものは、その年の12月の31日までに
包装や容器に入れられたものが新米になります。

まとめ

新米の炊き方は水加減がポイントです。

食べるときは、シンプルな塩むすびで
いただきのましょう!

今年も楽しみです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする