子供の熱中症の症状は?かかるまえの予防と対策とは?

健康

気温が上がると、子供の体調が急に悪くなったりしませんか?

夏風邪かな?と思っていても、実は熱中症だったりします。

大事にいたる前に、早めに対策をしましょう。

スポンサードリンク

子供の熱中症の症状は?

熱中症には、いくつかの種類がありますが、
だいたい子供がかかるのは熱射病です。

・熱中症の種類

熱失神

血管の拡張、血圧の低下により、脳の血の流れが減少して
起こります。

主な症状は 

  • めまい
  • 失神
  • 顔が真っ青になる

熱疲労

大量に汗をかいたのに水分を補給しないとカラダが脱水症状をおこし
熱疲労になります。

  • 全身がだるい
  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛
  • 判断力の低下

熱けいれん

暑さで大量に汗を掻き、血液中の塩分濃度が下がると、
手足などの筋肉が、けいれんを起こします。

主な症状

  • 手足のつり
  • 筋肉の痛み
  • 筋肉の痙攣

熱射病

スポンサードリンク

体温が上がりすぎて体温調整ができなくなる状態です。
意識障害や最悪の場合には死亡した例も
あります。

  • 体温上昇
  • 反応が鈍い
  • ろれつが回らない
  • 意識障害

なかでも一番怖いのが、熱射病です。

かかったかな?と思ったらすぐ医師の診断を受けてください。

子供の熱中症予防とは?

予防のポイント

・帽子をかぶせる

・水分補給はマメにする

・涼しい服装にする

・車に置き去りにしない。

・照り返しに注意

子供は、体温調整機能が未発達で、
身体に熱がたまりやすく、大人よりも暑さに弱いので、じゅうぶんに子供を観察して、少しの変化を見逃さないでしださい

子供の熱中症対策

日頃から、暑さになれさせる事も、熱中症対策に
なります。

最近は、エアコンの効いた部屋で長時間過ごすせいか、汗を掻かない子供が
増えています。

汗を掻かないということは、体温調整が不十分で、ちょっとの気温の変化で
熱中症にかかりやすくなるのです。

まとめ

命にもかかわる可能性もある熱中症
子供のサインを見逃さないようにしましょう。

車内放置は、絶対にやめてね!

スポンサードリンク

コメント