寝過ぎて頭痛がするのはなぜ?解消方は?それでも治らない場合は?

休日になると、いつもより多く睡眠をとってしまい
目が覚めると激しい頭痛にみまわれる経験ありませんか?

私なんか、たびたびありますので、
寝過ぎの頭痛の原因と解消法を探ってみました。

スポンサードリンク

寝過ぎた時の頭痛はなぜ?

寝過ぎると頭の血管が広がるので頭痛の原因になります。

長時間同じ姿勢でいるので、血行が悪くなり、身体がストレスを感じて、テストロンを大量に分泌する。

そのため血管が拡張し血管や筋肉が刺激を受けて、
それが頭痛の原因になるのです。

適度の睡眠時間は7~8時間と言われていますが、
人によっては、4~5時間程度でも大丈夫のようです。

寝過ぎた時の頭痛の解消法は

カフェインを摂る

カフェインは、血管を縮小させる効果がありますので
ブラックコーヒーやお茶など飲むと
痛みが和らぎます。

スポンサードリンク

冷たいタオル

冷たいタオルで頭を冷やせば、痛みも和らぎ
目覚めもスッキリします。

ツボを押してみる

ツボ押しやマッサージをすることで痛みが和らぎます。

一人でできる頭痛のツボ押し

頭痛薬を飲む

市販の頭痛薬でも効きます。

手っ取り早く治したい人におすすめです。

寝過ぎの頭痛が治らなかったら

もしも、どんな解消法をしても頭痛が治らなかったら…

それは、重大な病気の前兆かもしれません。

頭痛は、身体からのサインなのです。

一度、病院に行って検査をしましょう。

まとめ

睡眠時間は、適度に取り、寝過ぎないようにしましょう。

頭痛は、身体からのサインですので、たかが頭痛だと
侮らないでくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする