夏のお弁当子供のおかずは?傷まないものいれてはいけないもの

グルメ

暑くなると悩むのが、お子さんに持たせる
お弁当です。

夏は、食材も痛みやすく、お弁当作りには、
注意が必要になります。

お子さんの健康の為にも、食材選びには、
じゅうぶん気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

夏のお弁当 子供のメニューは?

まず、ご飯ですが炊くときに、お酢を入れると
痛みにくくなります。

そして、お弁当箱に詰める時は、ご飯が冷めてから
お弁当箱に詰めてくださいね。

熱いうちに詰めると、水蒸気でお弁当が痛む原因になりますから。

おにぎりの場合は

おにぎりは、熱いからと言って手に水をつけてにぎるのは、
細菌を発生させる原因になります。

ラップを使って、作るのが良いですね。

オカズは?

最近は、レンジ不要の冷凍食品が販売されています。

自然解凍で、そのまま召し上がれるので、
夏場のお弁当にも、すごく便利です。

オカズも、子供に喜ばれるメニューが多彩で、
からあげ、グラタン、ハンバーグなどもあります。

また、冷凍なので、そのまま保冷剤としても、
利用できるので、一石二鳥ですね!

お弁当のオカズに、ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサードリンク

夏のお弁当 傷まないものは?

しかし、冷凍食品ばかりでも飽きてしまい、
子供に、お母さん手抜きかぁなんて
思われてしまうので、普通の食材も使っていきましょう。

弁当に定番のウインナーやハム、卵焼きも
良く加熱すれば傷みません。

梅干しは、殺菌効果がありますので、
必ず入れてくださいね。

また、冷凍食品の代わりに、小さなゼリー
冷凍して入れて置くと保冷剤の代わりになりますし
食後のデザートにもなるので、おすすめです。

揚げ物

揚げ物は、前日揚げるのではなく、
当日に、揚げた物は、痛みにくいですね。

ポイント オカズも、よく冷めてからお弁当箱に詰めてください。

夏のお弁当にいれたらいけないものは?

・キャベツの千切り・レタス・キュウリなどの生野菜は雑菌が繁殖する恐れがありますので入れないほうがいいでしょう。

・マヨネーズは、卵が原料なので痛みやすいのです。

・卵は、よく加熱したもの以外は、いれないでください。

・魚介類 これは、あたりまえですが、熱に弱い物は絶対だめです。

・混ぜご飯、炒飯 味がついているご飯は、痛みやすいのでいれないでください。

・練り製品 はんぺんなどは、魚が原料なので痛みやすいです。

・ポテトサラダなどは、水分が出やすく、マヨネーズが多く使われているので、痛みやすいですね。

まとめ

子供に持たせる、お弁当は冷凍のオカズが無難です。

お弁当のオカズに生ものは、絶対避けてくださいね。

スポンサードリンク

コメント