生さんまの解凍とは?保存法方や美味しい食べ方は?

グルメ

最近は、冷凍技術が発達したせいか
一年中さんまが食べられるようになりました。

スーパーなどでは一年中、生さんまが売っています。

しかし、生さんまでも解凍と表記があったり
加熱用だったりと様々です。

今日は、生さんまについての疑問を解決して
いきましょう。

生さんまの解凍とは?

よくスーパーで見かけるのが生さんま解凍です。

生魚と言えば獲ったらそのまま、魚屋の店頭に並ぶイメージですが

生さんまの解凍は、違います。

さんまのシーズンは秋です。

その時、獲ったさんまは、新さんまとして
氷詰めにして市場に出荷します。

この時の値段は高価で、安くても一匹200円ぐらいします。

そして、さんまの旬が過ぎ、新さんまの値段が下がってきたころに
漁獲された、さんまを大量に購入し

冷凍保存したものが生さんまの解凍です。

こちらは、値段も安く一匹100円以下から60円程度です。

さんまが不漁だと新さんまの値段が高くなりますので
安い解凍さんまの需要が増えました。

そして、冷凍技術の進化もあり一年中さんまを
美味しく食べることができるのです。

スポンサードリンク

生さんまの保存法は?

解凍さんまは、安いからといってつい
買い過ぎてしまいますよね?

そんな時の保存の仕方は、内臓を取って
軽く塩を振って冷蔵庫で保存しましょう。

ちなみに、解凍したさんまを、また冷凍して保存するのは
おすすめしません。

なぜなら、細胞が壊れて味が落ち不味くなるからです。

魚は、食べる分だけ買ってきて、その日のうちに
食べるのが一番ですね。

生さんまの美味しい食べ方は?

私は解凍した生さんまは、干物にします
干物にすれば保存食にもなり、長持ちもします。

また、普通に塩焼きにしても良いですね。

しかし、解凍さんまは、刺身では食べません。

刺身で食べる時は、8月下旬頃に北海道で水揚げされた新さんまだけを
食べています。

後は塩焼きか干物にします。

最近は、解凍さんまでも、新鮮なものが多いです。

しかし、刺身など生で食べる場合はアニサキスなどの寄生虫がいる
可能性があります。

寄生虫は食中毒の原因になりますが予防するには
生で食べない事しかないのです。

新さんまの時期や美味しい食べ方の記事はこちらです。
https://seikatsu-ura.com/632.html

まとめ

生さんまだからと言って、生で食べられるとは限りません。

加熱用か刺身用かよく表記を見て買いましょう。

解凍さんまの刺身はおすすめしません。

さんまは、炭火で焼くのが一番ですね。

スポンサードリンク

コメント