目黒のさんまの由来は?なぜ無料なの?祭りは並ぶ?

グルメ

毎年、大勢の人が訪れる目黒さんま祭りです
しかしなぜ、さんまは目黒なのでしょうか?

疑問に思ったりしませんか?

今日は、目黒のさんまの由来や
目黒のさんま祭りの混雑状況を
紹介しますね。

スポンサードリンク

目黒のさんまの由来は?

毎年9月の第一日曜日に行われる、目黒のさんま祭り

さんまは目黒に限る

これの一言が始まりでした。

魚も獲れない目黒にさんま?

不思議に思うかも知れません

実は、こんないきさつがありました。

あらすじ

ある殿様が目黒に行ったとき、弁当を忘れて
空腹で困っていた。

そこに百姓が焼き立てのさんまを分けてくれた。

その、さんまが美味くて殿様は大変感動した。

さんまの味が忘れられない殿様は、
とある食事会に招かれたとき、さんまを注文した。

しかし、家来たちが脂がのりすぎているため殿様の身体を
気遣い、さんまの脂や骨を抜いてしまった。

当然不味くなった、さんまを食べた殿様がこう尋ねた

殿様「このさんまは、どこのだ?」

家来「日本橋魚河岸でございます。」

殿様「それは、いかん」

「さんまは目黒に限る」

世間知らずの殿様を、あざ笑うかのように
このような話ができました。

これが、目黒のさんまの由来です。

スポンサードリンク

目黒のさんまなぜ無料なの?

目黒さんま祭りでは無料で、さんまが配布されます。

今年も岩手県の宮古産のさんまが
約6000匹無料で配られます。

毎年、新鮮な宮古産のさんまを築地から仕入れていると言う
話しを聞いて感動した宮古市が
無料でさんまを提供してくれることになりました。

※会場には募金箱があります。
 さんまを食べたら気持ち、募金しましょう

さんまの旬については、
こちらの記事に詳しくあります。
https://seikatsu-ura.com/632.html

その他にも

すだちは、日本一の産地、徳島県神山町から
すだち10000個

さんまと言えば大根おろしですが、

栃木県高林の辛味大根

焼く炭は、和歌山県みなべ町の備長炭を使った
本格的な炭が、提供されます。

目黒のさんま祭り公式ホームページ

目黒のさんま祭り

目黒のさんま祭りは並ぶの?

さんま祭りには、毎年多くの人が訪れます。

さんまの配布時間は、午前10時からですが、
あまりの人の行列に心が折れます

早い人は午前8時には、ならんでいました。

さんまを食べるまで3時間~5時間並びます。

並んでまで食べるのか?

さんまが無くなれば終了です。

最悪食べられない事も考えられます。

そうゆう理由から私は並ぶのはおすすめしません。

どうしても、並びたいのなら熱中症対策に
飲料水を用意しておくことをすすめます。

また、木陰が少ないので帽子を被るとよいですね。

まとめ

毎年、数万人の人で賑わう、目黒のさんま祭り

炭で焼いた新さんまは、さぞ美味いことですね。

それ以上に、無料でさんまを提供してくれる
岩手県宮古市の方々に感謝をしましょうね。

スポンサードリンク

コメント